内臓脂肪を減らすカテキン緑茶の最安値の口コミ調査

年を重ねるにつれて体重はそれほど変わっていないのに、以前に比べて体形が少し変わってしまったという人もいるかも知れません。それは内臓脂肪が知らず知らずの内にたまっていることが原因かもしれません。内臓脂肪は高血圧・動脈硬化・糖尿病などの生活習慣病の発症リスクを高めてしまいます。

内臓脂肪を減らして長く健康でい続けたいと思っているのでしたら、飲み続けるだけで内臓脂肪が低下させられる機能が報告された、荒畑園「たっぷりカテキン緑茶」の効能、最安値などの口コミをご紹介したいと思います。

内臓脂肪をためないための食習慣の見直し

美味しいものを食べることが好きな人は、ついつい食べ過ぎてしまいがちになることがあります。旅行に行った時、友達同士の食事会に行った時など、お腹一杯に食べてしまったという経験は誰にでもありがちなことです。

日ごろから体を動かしている人なら運動エネルギーも多いので、食べた栄養が体に使われて消費されていくのですが、カロリーの高い肉類が好きな人や、甘いものなど間食を習慣的に繰り返していて、気が付けば太ってしまったという経験のある人は、この機会に健康のことを考えて見直してみるいい機会かもしれません。

内臓脂肪とは

手足や身体に付く皮下脂肪とは違い、からだの胃や腸、肝臓などの内臓周囲につく脂肪のことで、生活習慣病を引き起こす原因にもなっています。

内臓脂肪がたまる原因

内臓脂肪が付く主な原因は、食事による糖分と脂肪分の摂り過ぎであったり、運動不足によるものですが、食事の栄養から摂る1日の摂取カロリーに比べて、その日に体を動かす消費カロリーが少なすぎると脂肪になりやすくなります。

摂った食事の栄養は肝臓に蓄積されて、血液を通って体の隅々に栄養が運ばれていきますが、栄養過多になるとその日に使われることなく脂肪として貯蓄されます。食生活の習慣と運動量の関係が内臓脂肪を貯めていく原因にもなっていますので、健康を考えたら普段の食生活の見直しを始めて行きましょう。

肥満度を判定するBMI

自分の体形が標準より痩せているのか太っているのかの目安として、身長と体重から計算される肥満度を表す指数のことをBMI(Body Mass Index)と呼ばれています。普段気にしていない人も多いと思いますが、健康に関わる重要なことですので、一度ご自分のBMIをチェックしてみるのが良いと思います。

BMIの測定方法

自分の体重 ÷  (身長 × 身長)

(例) 体重52kg  ・ 身長160㎝ 体重 75kg ・ 身長 170㎝
計算方法 52 ÷ 2.56 (1.6×1.6) = 20.3 75 ÷ 2.89 (1.7×1.7) = 25.9
判定結果 普通体重の範囲内 太り気味の範囲内

実際に身長と体重を入力してBMIを計ってみましょう、BMIは自動で表示されます。


世界保健機関(WHO)の判定基準

BMI値判定
15.99 以下痩せすぎ
16.00〜16.99以下 痩せ
17.00〜18.49以下 痩せぎみ
18.50〜24.99以下 普通体重
25.00〜29.99以下前肥満
30.00〜34.99以下肥満(1度)
35.00〜39.99以下肥満(2度)
40.00 以上肥満(3度)
22が標準値、25以上になると病気にかかる率が高くなるため、25以上が肥満との分岐点

知っておきたい標準体重と適正エネルギー

からだの健康を維持していくためには、自分が1日どれぐらいの食事からの摂取カロリーが必要なのかの目安を知っておいた方が良いでしょう。そして、どれぐらいの運動量を行えば摂取したカロリーを消費することが出来るのかという目安を知っていないと太り過ぎてしまい、内臓脂肪として付いてしまうことにもなりかねません。

その為には最初に標準体重を計算し、それから適正エネルギーを計算します。1日どれぐらいのエネルギーを取得する必要があるのか、又は1日の摂取カロリーをどれだけ増減すれば適正体重を維持していくことが出来るのかの目安にもなります。

標準体重の計算方法の目安

身長 × 身長 × 22 (標準適正係数)

(例) 体重 52kg ・ 身長 160㎝ ・ BMI 20.3 体重 75kg ・ 身長 170㎝ ・ BMI 25.9
標準体重 1.6 ✖ 1.6 × 22 = 56.3kg 1.7 ✖ 1.7 × 22 = 63.5kg
結果 標準より3.3kg少なめ 標準より11.5kg多め

適正エネルギーの計算方法と摂取エネルギーの目安

適正エネルギーは体重1kgあたりの必要な運動量として消費される基礎代謝のことで、今の体形を維持するのに最低限必要なエネルギーになります。性別、年齢、運動量によっても違ってきます。

1日に食事として必要な摂取カロリーは、約65%を基礎代謝として消費されますので、残りの35%は生活している中でからだを動かすための運動エネルギーと、食べた物を内蔵で消化する働きのための消費エネルギー分の摂取カロリーが必要になります。

1日の食事として摂取するカロリーの目安として、基礎代謝以外に使われる35%の消費カロリー分をプラスすることで、1日最低どれだけ摂取すれば今のからだを維持することができるのか、又、それ以上を食事で摂取する習慣が続くと、太ってしまうことになるのかの目安となります。

1日の適正エネルギーと摂取カロリーの目安

標準体重 × 25・30・40 (係数範囲は、その日の運動量の大小の違いでも変わります)

BMIが普通範囲内の場合 (25~30)

  必要適正エネルギー 必要摂取カロリー
標準の体重56.3kg 約1400~1700 kcal 約1900~2300
   現在の体重52.0kg  約1300~1560 kcal 約1700~2100

今の体重・体形をキープしたいという場合には、今の体重で摂取エネルギー計算すると良いでしょう。もう少し太りたいとういう場合には、あとどれくらいの摂取カロリーを日々増やして食事をすれば標準に近づくのかの目安にします。

BMIが太り気味の場合 (25~30)

  必要適正エネルギー 必要摂取カロリー
標準体重63.5kg 約1600~1900 kcal 約2200~2500 kcal
現在の体重75kg 約1900~2200 kcal 約2500~3000 kcal

基礎代謝量の約30~40%は筋肉の消費として使われます。筋肉量の多い人、少ない人で実際には基礎代謝量も変わるので、太りにくい人、太りやすい人の違いはあります。

年を取るにつれて筋肉量は自然と落ちて基礎代謝量も減っていることに気づかず、摂取量が依然と変わらなければ、当然太りやすくなります。内臓脂肪も付きやすくなります。

太り気味の人が健康維持のためにも標準体重に近づけるには、1日どれくらいの摂取カロリーを落として食事をすればいいのかの目安にします。摂取カロリーを守りながら日々の食事に気を付けていると、徐々にですが余分な体内脂肪も落ちていき、生活習慣病の心配も気にならなくなるでしょう。

食事別摂取カロリー計算の目安

image:簡単!栄養andカロリー計算

自分のBMI・標準体重・適正エネルギーがわかると、次に最も大事なことは、食事のカロリーがいくらぐらいあるのか、これをある程度目安と把握していないと標準体重・適正エネルギーを知っていても意味がありません。

簡単!栄養andカロリー計算では、その日に食べた食事又は、食べる前にどれくらいのカロリーが含まれているかの目安が計算できます。これを使うとある程度の食事の目安を把握することが出来ますので、それを参考に日々の食事をお腹一杯食べ過ぎて、必要以上の内臓脂肪をため込まないように心がけることが大切です。是非活用してみてください。

簡単には落ちない体内脂肪を楽して落としたい

知らず知らずの内に体に付いた脂肪を落とすにはどうすればいいのか?。肥満に進む時は最初に体重が増えて行き、最後に脂肪が付いていきます。痩せていく時も体重が先に落ちた後から脂肪が落ちていくという流れになります。

ダイエットをする人は体重が落ちただけで脂肪が落ちるまでには時間もかかりますので、ダイエットするなら継続して行い体重、脂肪が落ちた後もその状態を維持しなければ意味がありません。

最近では昼夜を問わず走る人たちの姿を毎日のようにどこかで見かけます。しかしあまり走った経験のない人は走れる筋肉も体力も付いていませんので呼吸も苦しくなりますので、簡単には真似することが出来ません。運動が好きでない人がそれを乗り越えて継続するのは結構大変な努力が必要になります。

運動以外に食事のカロリーを意識して摂取量を増え過ぎないようにすることも大切ですが、日々意識しないとこれも簡単に継続していくことは難しいかも知れません。

そこで日々の習慣として1日3回、誰もが簡単に取り組めて1日に必要な水分量にも貢献できる、機能性表示食品として届け出されている、荒畑園「たっぷり茶カテキンの緑茶」を飲むことをお勧めします。茶カテキンは継続的に摂取することで内臓脂肪を低下される働きがあることが報告されているのです。

健康リスクを上げるためにも水分補給が大切

人間のからだの約60%は水分でできています。その水分は生活している中で1日2ℓ以上は抜けていきますので小まめな水分補給が必要になります。理想は食事から摂れる水分量1ℓ、飲み物などで1.5ℓです。

だからといってペットボトルなどの飲み物を一気に大量に水分補給したからといって、からだに全て吸収されるわけではありません。一度に吸収できる量としては約250mL程度なので、それ以上飲み過ぎても排出されていくことになります。

水分補給はからだの血液をサラサラにして脳や心臓などの血流を良くしてくれます。特に高齢になると水分補給が少なくなりがちです。

以前TVで紹介されたことがあるのですが、高齢者施設に入られている多くのは、1日椅子に腰かけてぼーっとしている人が多いのも水分不足と関係しています。小まめに水分補給を繰り返して1日2ℓ以上飲めるようになると、別人のように表情も変わり、活発に活動できるように変われる人がいるのです。

荒畑園 「たっぷりカテキン緑茶」を食事の後などに3回飲むことを続けていくだけでも、食事から得られる水分量以外に摂取する水分補給にも貢献できますし、体内脂肪も低下していくので一石二鳥です。

カテキン緑茶には内臓脂肪を低下させる作用が認められています

緑茶の中にはポリフェノールの一種であるカテキンが含まれていますので、抗ウイルス、抗酸化作用があり、毎日飲み続けることでコレステロールの吸収を抑え、動脈硬化による心筋梗塞や脳梗塞の予防、老化を引き起こす原因ともなる活性酸素の除去作用が働きます。

継続的にカテキン緑茶を飲み続けていくことで、脂肪の吸収を抑えて体内脂肪を低下させることもわかっています。2か月以上継続的に飲み続けていくことで内臓脂肪が落ち、それ以降も習慣的に飲み続けていくことで内臓脂肪を増やすことなく維持していくことが出来ます。

荒畑園「たっぷりカテキン緑茶」の愛用者の声の口コミ

こだわりの荒畑園「たっぷりカテキン緑茶」は他の茶葉と製法が異なります

見た目は同じ農作物でも、土壌の品質の違いで造られる作物の栄養価、品質、味などは大きく異なります。

荒畑園「たっぷりカテキン緑茶」はアミノ酸を豊富に生成したもみがら堆肥を大地の栄養に注ぎ込み、土壌の栄養をたっぷり吸収できるように、ススキや笹などで地熱が逃げないように天然肥料を敷き詰め、有効微生物菌と共に発酵することで高品質な茶葉に育てています。

荒畑園「たっぷりカテキン緑茶」は上質な静岡県産の高級茶葉を使用し、更に茶葉の中でも最もカテキン量が多い煎茶よりも3~4倍長く蒸す深蒸し製法で作られていますので、カテキン濃度が濃く、肥満気味の方の内臓脂肪を減少させることが報告されています。

荒畑園「たっぷりカテキン緑茶」Amazonや楽天の最安値の検索

荒畑園「たっぷりカテキン緑茶」は大手ショッピングサイトのAmazonや楽天でいくらで販売されているのかチェックしてみました。

■ Amazonでは、1日3回の10日分で972円で販売されていました。

■ 楽天では、1日2回の33日分で1,280円で販売されていました。

■ 公式サイト

荒畑園「たっぷりカテキン緑茶」では、内臓脂肪ケア定期コースの65%OFFの特別価格、1日3回30日分で初回限定1,000円で一番お安く購入して始められます。

荒畑園「たっぷりカテキン緑茶」の基本情報まとめ

会社名(屋号) 株式会社荒畑園
所在地 静岡県牧之原市布引原257番地
代表取締役 荒畑 賀範
事業内容 茶業事業(栽培・製造・受注・発送の6次産業)、卸業、通信販売業

荒畑園「たっぷりカテキン緑茶」の内臓脂肪を減らす茶葉の口コミや効果、特徴などをご紹介しました。

荒畑園たっぷりカテキン緑茶は、

・脂肪がなかなか落ちなくて悩んでいた
・昔とは違って体形が変わってしまった
・頭やからだの動きも以前に比べたら鈍くなってしまった

といった悩みを持つ方におすすめの、高級茶葉が使用されている品質の良い緑茶です。

カテキン緑茶はSNSや口コミサイトでも人気の茶葉なので、その中でも他とは違った製法にこだわった荒畑園「たっぷりカテキン緑茶」は自信をもっておすすめできます。

あなたも是非一度、1日3回の習慣を続けていくだけで体内脂肪が低下していく体験をお試ししてくださいね!

たっぷりカテキン緑茶を一番安く購入できるのはこちらです

 ↓  ↓  ↓

内臓脂肪を抑える。たっぷりカテキン緑茶

コメントは受け付けていません。