大人ニキビが顔にできた時の原因と対処するには?

大人でもたまにポツンとニキビや吹き出物が出たりすることがあります。ニキビは放置すると気づけば赤くなってしまったり、前よりも大きくなってしまうことがあります。ニキビに悩んでいる人の中には、ニキビはなかなか治らないものと思い込んで諦めている人もいるかも知れません。どうすればニキビが出ないようにできるのか原因と対処について調べてみました。

ニキビの発生メカニズム

健康な人の肌は毛穴が開いているので、汗をかいた時は皮脂が外に排出されますからニキビは発生しません。顔のおでこ、ほほ、あごや首周りの周囲、胸や背中などにニキビが発生する主な原因として、毛穴がふさがったり、ホルモンや肌のバランスが崩れたり、ニキビ菌とも呼ばれるアクネ菌やマラセチア菌が過剰に増殖した時にニキビは発生します。

毛穴がふさがる要因としては、肌の水分バランスの崩れによる皮膚が固くなって角化することで毛穴がふさがったり、汗をかいた時に過剰な皮脂の分泌がおきたり、毛穴に外からゴミなどが詰まることがあります。交通量の多い市街地に出かける時や、乗った時に窓が開いていると、肌に直接風と共にゴミが毛穴に入り込んでしまうことになりますので、普段から肌の毛穴を開いて洗顔で綺麗にすることでニキビの発生を防ぐことができます。

ニキビの種類と進行過程

ニキビには進行過程があり、肌の毛穴がふさがってしまった時に肌の中の皮脂は外に出ることができないので、初期症状としてプクっと肌に白い膨らみができる白ニキビが発生します。この時、皮膚の毛穴には皮脂を餌にして常駐しているアクネ菌が過剰に繁殖してしまいます。

皮脂が外に出られない状態が続いて行くとやがて皮膚は炎症を起こして赤ニキビへと変わっていきます。そして更にその状態から悪化していくと黄ニキビへと色が変わり中から膿が出てきます。このような状態までくると人によっては痛みを感じることがあります。

ニキビがこのような過程を進まないようにするためには、ニキビを刺激しないようにすることが重要です。ニキビを潰して中の皮脂を無理やり出そうとしたり、余計に悪化することにもなり兼ねません。一時的にニキビの膨らみはなくせたとしても、肌に穴が開いてニキビ跡として残ってしまうことになります。そうするとニキビ治療と別に肌ケアも行っていかなければならなりません。

ニキビができた時の対処は人それぞれ、どのタイプ?

朝起きて顔にニキビかポツんとできていると、人からも見られる場所なのでほとんどの人は気にとめてしまいます。これから外に出かけようとする女性の場合、おでこにできたニキビや髪のはえぎわだったら、髪の毛で隠そうとしたり、肌に出来たニキビは化粧でうまく隠して出かけると思います。

ただ、ニキビは触れたりすると更に刺激を受けて膨らみも更に大きくなることがあります。ニキビができた時には放置していても自然に治ることもありますが、早い目に対処していくことで悪化していくのを防ぐことができますので、早い目のニキビ対策を行った方がよいでしょう。

そのニキビ対策にも人それぞれ考え方も違うと思います。市販薬を買って自分で治すという人もいれば、皮膚科に行く方が確実という人もいれば、肌の美容液を買って肌を整えるという人もいると思います。それぞれ見ていきましょう。

ニキビ治療は市販薬を買って自分で治すタイプ

ニキビができた時、市販薬を購入して誰にも知られずに自分でニキビを治したいという人もいるでしょう。今や薬局、大型のドラッグストアなどに行けば、種類は少ないですが外用薬のニキビ治療の塗り薬は置いています。

ネットでもAmazonでたくさん売られていて気軽に買えるようになっていますので、ニキビ治療を自分でしたいという人には手軽にニキビ市販薬を手に入れられます。

どの市販薬がどのような効果があって、早くニキビを綺麗に治せて、今の自分にあっているのはどれか?、副作用はあるのか?など、全て自分で調べていかなければなりませんが、自分でニキビを治したいという人は、早めのニキビ対策をする方がいいかも知れません。

ニキビ治療は皮膚科に行って治すタイプ

人によってはニキビぐらいで皮膚科に行くほどでもないと考える人もいれば、自分のニキビの状態を確実に把握できる皮膚科だったら早期に治せるので安心という人はいるでしょう。

早期に行く人もいれば、ニキビが進行して重症化してから慌てて皮膚科に行くといった人もいるでしょうから、来院するニキビ患者さんたちの状況によっても治療方も異なるでしょう。

皮膚科の中でも治療に対する診断も様々です。ニキビ治療にのみ対処する医師の人もいれば、美容面を考えてプローチをして、外用薬だけではなく内服薬を処方する医師の人もいます。

治療の中で使われる抗生剤はニキビの早期治療には効果はある半面、使い続けていくと肌美容の回復にも影響するといったこともあります。それぞれメリット、デメッリトもあるのでご自身の判断に委ねられることになるでしょう。

ニキビ対策に美容液で肌ケアを心がけるタイプ

美容液の中にもニキビや吹き出物にケアできるものがあります。美肌にとって肌の水分バランスは大切で、肌が乾燥すると皮脂の分泌も増えるので、十分な水分補給をすることで肌に潤いを与え、ニキビが出にくい肌環境を作ることが出来ます。

美容液にはニキビ対策に良いとされる成分が数多く含まれていたり、中には医薬部外品の成分が含まれている美容液もありますから、肌バランスを調えながらニキビ改善と予防も一度にできるといったメリットがあります。美容液の場合は薬のようにニキビ治療に即効性はないものの、長期的に使い続けていくことでニキビの改善と出にくい肌環境を手に入れられるようになります。

ニキビが出ないように日頃のケアが大切

顔にニキビができてからケアを考える人もいれば、普段から肌ケアを小まめにして肌荒れ・ニキビ・吹き出物が出ないようにしているという人もいるでしょう。日ごろからニキビが出ないように注意しておくとニキビの発生は防げるようになるでしょう。

自分の肌にあわない刺激の強い美容液の使用
クレンジング使用時の洗顔は優しくソフトに
洗顔のし過ぎは乾燥肌の原因にも
手で顔を触ってしまう
肌には保湿程度ではなく充分な水分のうるおいが必要
食事のバランス、油物、甘い物、ビタミン不足
ストレス
睡眠不足

まとめ

油断していると大人ニキビが顔にポツンと発生することもあるでしょう。ニキビが顔に出来た時は直ぐに治るだろうと放置せずに早めの対処が重要です。ニキビは長引けば長引くほど悪化していきます。

油断していると大人ニキビが顔にポツンと発生することもあるでしょう。ニキビは長引けば長引くほど悪化していきますので、ニキビが顔に出来た時は直ぐに治るだろうと放置せずに早めの対処が重要です。

市販薬を使用して自分でニキビを治すにしても、皮膚科に行って悪化する前に治療をするにしても、ニキビの発生は肌の水分バランスの崩れも原因なので、長期的にじっくりと肌を整えてニキビが出ないような肌体質を変えていかないと、その後の肌には再びニキビがポツンと発生することもあります。

ニキビができた時の対処の仕方は人それぞれ自分にあった方法で対処して下さい。それと同時に肌ケアを忘れずに行っていけば、今後はニキビが発生しにくい肌体質を手に入れられるようになるでしょう。

error: Content is protected !!